Skip to main content
オレゴン・ワイン・カントリーの魅力:ワインと農業
動画のスクリーンショット - ウィラメットバレーのぶどう園
詳細を表示

職人が作ったワイン、ビール、食品

ウィラメットバレーの肥沃な土壌の恩恵にあずかっているのはワイン用のブドウだけではありません。この同じ土壌から、食事に豊かな風味を添える食材も生まれています。地元で生産されたホップは、この地域やオレゴン州の地ビール醸造所で使用されています。アグラリアンエールズ(Agrarian Ales)では敷地内でホップを栽培しており、農地直送スタイルを実現しています。ウィラメットバレーには、この地を原産とする 4 種類の白トリュフと黒トリュフがあり、毎年トリュフをテーマにしたオレゴン・トリュフ・フェスティバル(Oregon Truffle Festival)が開催されています。ジョエル・パーマー・ハウス・レストラン(Joel Palmer House Restaurant)のディナーでは、トリュフと自然の中で採取したキノコ類を使った料理を味わうことができます。シェフのクリス・クザルネッキは自分で集めたキノコを料理に幅広く取り入れています。地元のファーマーズマーケットにはエコバッグを持っていき、新鮮な農作物、ハーブ、肉類をたくさん買い込みましょう。直接農場を訪れて、みずみずしい農作物を見学することもできます。

 

アウトドアを満喫

東にはカスケード山脈(Cascade Mountains)と接するウィラメット川(Willamette River)があり、西にはオレゴンコースト山脈(Oregon Coast Range)があるウィラメットバレーに住む人々は、屋外で過ごすのが大好き。滝が多く、56 キロメートルにおよぶバックカントリートレイルがあるシルバーフォールズ州立公園(Silver Falls State Park)を訪れてみましょう。ウィラメット・リバー・ウォーター・トレイル(Willamette River Water Trail)ではカヌー、カヤック、ゴムボートを楽しめます。全長 215 キロメートルのウィラメット・バレー・シーニック・バイクウェイ(Willamette Valley Scenic Bikeway)にはホップ農園、ワイナリー、小さな町が点在しています。全行程を走破するのが難しければ、その一部区間だけでも走ってみてください。ほかにも、スキーやスノーボードが楽しいウィラメットパス(Willamette Pass)、高さ 1,250 メートルの頂上へのハイキングに挑戦できるメアリーズピーク(Marys Peak)、数十種類の鳥たちに出会えるウィラメット・バレー・バーディング・トレイル(Willamette Valley Birding Trail)、鬱蒼とした森の中を自転車で走れるヒストリックシャンプーイ州立公園(Historic Champoeg State Park)などの自然の見どころを訪れてみましょう。また、熱気球に乗ってのんびりしながら素晴らしい眺めを楽しむこともできます。秋または春に訪れると、夕日に染まる木々やワイルドフラワーが一面に咲く花畑の美しい景色が目を楽しませてくれます。

オレゴン・ワイン・カントリーの魅力:ワインと農業
動画のスクリーンショット - ウィラメットバレーのぶどう園
詳細を表示

おもしろ情報

眼前に広がるチェリー・ヒル・ワイナリーのブドウ園
詳細を表示

『ワインエンスージアスト(Wine Enthusiast)』誌は、ウィラメットバレーを 2016 年のワイン・リージョン・オブ・ザ・イヤー(Wine Region of the Year)に選出しています。ウィラメットバレーには 500 を超えるワイナリーがあり、特にピノノワールの生産でその名が知られることとなりました。

Photo: Andrea Johnson

オレゴン州スプリングフィールドのダウンタウンにあるシンプソンズの壁画
詳細を表示

ユージーンのすぐ東側に位置するスプリングフィールドの町は、長寿アニメ『ザ・シンプソンズ(The Simpsons)』に登場する同じ名前の街からインスピレーションを受けています。

Photo: Thomas Moser

オレゴン州ユージーンのダウンタウンの上空からの眺め
詳細を表示

映画の熱狂的なファンにとっては、ウィラメットバレーといえば『アニマルハウス(Animal House)』、『スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)』、『カッコーの巣の上で(One Flew Over the Cuckoo’s Nest)』のロケ地としてなじみ深いでしょう。

Photo: Ben Schorzman/City of Eugene

必見スポット

シルバーフォールズ州立公園

降雨量の多さと春の雪解け水のおかげで、滝で素晴らしいハイキングを楽しめます。さらにシャッターチャンスも豊富です。シルバーフォールズ州立公園(Silver Falls State Park)のトレイル・オブ・テン・フォールズ(Trail of Ten Falls)も要チェックです。約 12 キロメートルのなだらかなハイキングトレイルを歩くと、途中で 10 か所の滝を通り過ぎます。中には滝の裏側に歩いて入ることができる場所もあります。 

詳細

オールバニーカルーセル

すべて地元のボランティアの手によって作られたオールバニーカルーセル(Albany Carousel)は、とにかく「素晴らしい」の一言です。キリンからドラゴンまでさまざまな動物をモチーフにした人形はどれも手作業でていねいに彫られ、着色されています。1909 年前後に作られた機械構造のカルーセルは、ボルトからミラーまで、完全に復元されました。今もなお作業中の木彫り職人の姿を見ることがあります。また、1885 年に作られた動物の形をしたカルーセルが展示された小さな博物館もあります。このカルーセルはまさにオールバニーの宝なのです。

詳細

オレゴン州のウエスト・カスケーズ・シーニック・バイウェイから見たクラカマス川

ウエスト・カスケーズ・シーニック・バイウェイ

老齢樹の森林を抜け、山岳地帯原始のままの姿を残す山あいの湖、流れの速い川、天然温泉の間を縫うように走り抜ける 346 キロメートルの驚異的なロードトリップに出かけませんか。ドライブをしながら景色を楽しむだけでもよいですし、途中で車を停めてフライフィッシング、マウンテンバイクでのサイクリング、ハイキング、パドリングなどを楽しみながら進むのもお好み次第です。ロードレーサーなら、カスケーディング・リバーズ・シーニック・バイクウェイ(Cascading Rivers Scenic Bikeway)と重なる 144 キロメートルの道のりをペダルをこいで進む時間を確保することが先決です。

詳細

ワールド・オブ・スピード・ミュージアム

アメリカが車中心社会であることに疑いの余地はありません。ワールド・オブ・スピード・ミュージアム(World of Speed Museum)を訪れてみましょう。この博物館には珍しい車、車関連の記念品、レーシングカーの展示に加えて、体験型の展示や企画展を見学できます。マッスルカーから NASCAR、スピードショップからクルージングミュージックまでが揃うワールド・オブ・スピードは世界の車好きのための博物館です。

詳細

メアリーズピーク

メアリーズピーク(Marys Peak)はオレゴンコースト山脈(Oregon Coast Range)の最高峰。旅のプランにぜひ入れておきたいハイキングコースです。晴れた日には、標高 1,250 メートルのメアリーズピークからウィラメットバレー(Willamette Valley)、カスケード山脈(Cascade Range)、太平洋の景色を一望できます。旅のベストシーズンは、一面に咲くワイルドフラワーが目を楽しませてくれる春です。

詳細

エバーグリーン航空宇宙博物館

航空史と言われても、自分が乗ったフライトがオレゴン州に到着した時間しか知らないという方でも気にすることはありません。エバーグリーン航空宇宙博物館(Evergreen Aviation & Space Museum)はあまり知識がない人にとっても十分興味深い博物館です。軍用機、ヘリコプター、宇宙船を見学しましょう。第二次世界大戦時代にハワード・ヒューズが造った木製の巨大な飛行艇スプルースグースは、この博物館最大の目玉です。

詳細

テレビ番組『ザ・シンプソンズ』にインスピレーションを与えたオレゴン州スプリングフィールドののどかな風景

非公式シンプソンズツアー

『ザ・シンプソンズ(The Simpsons)』創作者のマット・グレイニングはオレゴン州ポートランドの出身です。ストーリーに登場する架空の町スプリングフィールドは、ウィラメットバレーの同じ町の名前を取ってモデルにしました。非公式のセルフガイドツアーでは、スプリングフィールド・ホースマン・スタチュー(Springfield Horseman Statue)とジェベダイアスプリングフィールド(Jebediah Springfield)を見学し、スプリングフィールド博物館(Springfield Museum)にあるシンプソンズ一家の人形と記念撮影をします。それから、シンプソンズの壁画(the Simpsons Mural)を見学し、元祖のマックスズタバン(Max’s Tavern)または番組が始まってからオープンしたモエズタバン(Moe’s Tavern)に立ち寄ってビールをいただきましょう。豆知識:グレイニングはザ・シンプソンズ一家に自分の親きょうだいの名前をつけています。

詳細

屋根つき橋を巡るツアー

フォトフレームに入れる写真がほしいなら、カメラを手に取り、自転車か車でウィラメットバレーの昔ながらの屋根付き橋を回りましょう。これらの屋根付き橋は、木製の橋の床が雨で濡れないようにするために特に 19 世紀に多く造られました。途中で果樹園、農場、そしてスウィートホームという名の可愛らしい名前の小さな町にも立ち寄ってみましょう。オールバニー・ビジター・センター(Albany Visitors Center)で地図を入手しておくとよいでしょう。

詳細

ウィラメット川で楽しむカヤック

REI は、ウィラメットをアメリカ 48 州(アラスカ州とハワイ州を除く)のスルーパドルの上位 7 位の 1 つに選出しました。「ウィリー」のカヤックツアーは、あらゆる年齢の人のパドリング入門に最適です。アウトドア専門店の中には、機材のレンタル、半日または 1 日ツアーを含むツアーの企画、サンセットパドリング、クラフトビールとカヤックのツアー、スタンドアップパドルボードの講習などのサービスを提供している店もあります。

詳細

ウィラメット・バレー・シーニック・バイクウェイ

ウィラメット・バレー・シーニック・バイクウェイ(Willamette Valley Scenic Bikeway)はアメリカで最初にできた自転車専用道路で、ここでは素晴らしいサイクリングを楽しめます。212 キロメートルにわたって田園風景が続くこのトレイル沿いには、美しい景色、ワイナリー、ホップ畑、魅力あふれる小さな町があります。サイクリングは 1 年を通して楽しめますが、雨が多い冬に訪れる場合は防寒対策をしっかりしておきましょう。

詳細

探索する: ウィラメットバレー

カリフォルニア州ロサンゼルスのダウンタウンにあるエースホテルの屋上
詳細を表示
探索する: ウィラメットバレー

ウィラメットバレーのオフィシャル・トラベル・サイト