Skip to main content
ポートランド都市圏
オレゴン州ポートランド都市圏を走り抜けるロードトリップ
詳細を表示

手作りの文化

あなたの昼食に使われる食材を育てた農家、今飲んでいるエール作りに汗を流したビール醸造者、購入したばかりのギフトの背後にいる芸術家に会ってみるというのはいかがですか?スモールビジネスがしっかりサポートされているポートランド都市圏では、作った人から直接商品を購入できることが多いのです。

収穫体験ができる農家で新鮮な農産物を選んだり、1 年中オープンしているファーマーズマーケットを覗いたり、地元産の食材を使ったメニューを注文したりしてみてください。100 を超える醸造所では作業風景の見学ができます。エステートや都会のワイナリーに出かけてワイン醸造業者に話を聞いてみましょう。ポートランドのディスティラリー・ロウ(Distillery Row)、チュアラティンバレーのヒルズボロ、タイガード、オレゴンシティにある地ビール蒸留所も要チェックです。

3 月から 12 月までは、アメリカ最大のアート&クラフト・フェアであるポートランド・サタデー・マーケット(Portland Saturday Market)が開かれ、さまざまな手作りの品が大量に集まります。ウィラメット川の東側では、職人の手作りアイテムを探しに出かけましょう。紅茶、ハムやサラミ、チョコレート、さらにオレゴン州沿岸で手作りされた塩など、地元で作られた食料品を扱うショップの散策を楽しめます。免税ショッピングをもっと満喫するなら、グレシャム、フォレストグローブ、オレゴンシティの魅力的なメインストリートに軒を連ねるショップや、チュアラティンバレー、ワシントンスクエア、ブリッジポートビレッジにある高級ショッピング街にも足を運んでみましょう。

 

アウトドア

ポートランド周辺の人々はアウトドアが大好き。天気がどうだろうと無関係です。緑豊かなこの都市圏には、ワシントンパーク(Washington Park)、国際バラ試験農園(International Rose Test Garden)、樹木園、日本庭園などの観光スポットがあります。フォレストパーク(Forest Park)にある森林地帯は、都会の中でほっと一息つける場所です。さらに、129 キロメートルにおよぶハイキングコースでは、野生生物を目にするチャンスがたくさんあります。街の外にはチュアラティンバレーの自然公園があり、静かなオアシスでくつろぐことができます。 

ウィラメット川、コロンビア川とその支流のテュアラティン川(Tualatin River)では、カヤック、チュービング、水泳、釣りを思う存分楽しみましょう。オレゴンシティは太平洋沿岸北西部で最初に誕生した街であり、3,200 キロメートルにおよぶオレゴントレイル(Oregon Trail)の終点でもある歴史ある街です。このオレゴンシティに位置するウィラメットフォールズは、アメリカで 2 番目に水量が多い街です。カヤックやスタンドアップパドルボードを楽しむ方は、階段状に連なる馬蹄形の小さな滝を直接パドルをこいで進むことができます。サイクリストに混ざって、自転車で観光に出かけてみるのはいかがですか。ポートランドのガイド付き自転車ツアーに参加することも、1 人でチュアラティンバレーを通ってバンクス・バーノニア・ステート・トレイル(Banks-Vernonia State Trail)を走り、季節の色彩を堪能することもできます。

 

ポートランドスタイルの芸術と文化

ポートランド都市圏のカルチャーシーンに興味があるなら、世界最大の独立系書店であるパウエルズブックス(Powell's Books)に足を運ばずに帰るわけにはいきません。1892 年前後に建てられたポートランド美術館(Portland Art Museum)の所蔵品は 42,000点 にのぼります。この美術館は古代および現代のアメリカ先住民の作品コレクションを所蔵していることで有名です。この地方では、ライブパフォーマンス、プロの演劇、クラシックからインディーズ、フォーク、ジャズなどのミュージックフェスティバルを年間を通じて毎晩楽しむことができます。また、ワイン文化もこの地方の中心的な存在です。ワインフェスティバル、ワインペアリングのディナー、その他のイベントは 1 年を通して楽しむことができます。オレゴン州の文化遺産に興味があるなら、エンド・オブ・ザ・オレゴン・トレイル・センター(End of the Oregon Trail Center)に行ってみましょう。現代のオレゴントレイルのパイオニアである職人に出会うことができます。

ポートランド都市圏
オレゴン州ポートランド都市圏を走り抜けるロードトリップ
詳細を表示

おもしろ情報

オレゴン州ポートランドのパウエルズブックスの本棚を見て回っています
詳細を表示

パウエルズブックは世界最大級の独立系書店です。街の一区画全体を占めており、200 万冊を超える在庫を保有しています。

ポートランドのダウンタウンの風景と芸術的なネオンサイン
詳細を表示

ポートランドの街の名前はオレゴンシティで行われたコイン投げで 1845 年に決定されました。ポートランドは太平洋沿岸北西部に誕生した初めての街であり、有名なオレゴントレイル(Oregon Trail)ルートの終着地でした。

オレゴン州ビーバートンにある韓国料理店ナクウォンのフォー
詳細を表示

チュアラティンバレーに住む人の 15 %超はアメリカ国外生まれです。そのためオレゴン州でも最も多様性に富み、世界各地の本格的な料理を味わえる場所になっています。

必見スポット

ポートランドのサウスウエスト・ワイン・コレクティブでのテイスティング

サウスウエスト・ワイン・コレクティブ

ウィラメットバレーの名高いワイナリーへは 30 分程度で行くことができます。ポートランドの人々の創造性と、「物作り」に対する情熱が高まった結果、ワインカントリーが市内にも出現しています。1999 年にヒップ・チックス・ドゥ・ワイン(Hip Chicks Do Wine)がオープンして以来、ポートランドに 10 軒強の都市型ワイナリーが誕生しています。1 か所に 10 の小規模ワイン醸造所を擁するシックなワインバー兼レストランであるサウスウエスト・ワイン・コレクティブ(Southeast Wine Collective)は要チェックです。ローカルワインや地域産ワインのフライト(少量のサンプル)のつまみには、ワインとの相性抜群のシャルキュトリーの盛り合わせをオーダーしましょう。

詳細

ポートランドの 4T トレイルの空中トラム区間

4T トレイル

トレイル(Trail)、トラム(Tram)、トロリー(Trolley)、鉄道(Train)は、ガイドなしで観光するこの 4T トレイル(4T Trail)で利用する T から始まる 4 つの交通機関です。このトレイルには、ポートランド都市圏の魅力が詰まっています。トロリーに乗って街のランドマークの観光に出かけたら、次は列車に乗り換えてワシントンパーク(Washington Park)を通り過ぎます。それからカウンシルクレスト(Council Crest)を通るハイキングで素晴らしい景色を楽しみ、最後はウィラメット川(Willamette River)上空に架かるトラムに乗って、1 周 12.8 キロメートルの観光を終了します。出かけるときは、運行スケジュールを確認し、歩きやすい靴を履き、途中の交通費や食費のための数ドルを持って行きましょう。

詳細

オレゴン州ポートランド近くのウィラメットフォールズと月明かり

ウィラメットフォールズ

ポートランドのダウンタウンからわずか 30 分の場所にあるウィラメットフォールズ(Willamette Falls)は、その水量においてナイアガラの滝(Niagara Falls)に次ぐアメリカ第 2 位を誇ります。馬蹄形をしたこの滝は、日帰りで行かれるお出かけスポットとして地元の人にも観光客にも人気があります。車はオレゴンシティに停めて、地階から滝の頂上まで上がれる市営のエレベーターに乗りましょう。このようなエレベーターは世界に 4 つしかありません。霧の中に浮かぶ虹やオレゴンシティの素晴らしい景色を撮影できるチャンスがあるので、カメラは必携です。

詳細

トライオンクリーク州立自然地域

レイクオスウェーゴの近くにある、トライオンクリーク州立自然地域(Tryon Creek State Natural Area)は、自然愛好家にうってつけの人気の公園です。緑豊かな二次林の中では、ハイキング、サイクリング、トレイルでの乗馬を楽しむことができます。園内に 8 つある美しい歩道橋を歩いたり、さまざまな鳥類や野生生物の姿を探したりしてみましょう。自然センターには、周囲の探索に役立つ解説付きの展示物、地図、パンフレットが用意されています。公園のエンレイソウが満開になる春は、格別に美しい風景が目を楽しませてくれます。

詳細

オレゴン州シャーウッドにあるポンジーヴィンヤーズで記念撮影

ポンジーヴィンヤーズ

ポンジーヴィンヤーズ(Ponzi Vineyards)は、1970 年から続いている家族経営のブドウ園です。現在ではオレゴン州でトップクラスのブドウ園との評価を得ており、ここのワインは世界進出も果たしています。テイスティングルームを訪れて、ウィラメットバレーの絶景に匹敵する名高いワインをお楽しみください。おすすめは、『ワイン&スピリッツ・マガジン(Wine & Spirits Magazine)』誌が 2014 年の最優秀賞に選んだピノノワールまたはオーロラシャルドネです。事前に予約しておけば、ワイナリーの製造工程の舞台裏を見学できるツアーにも参加できます。

詳細

バンクス・バーノニア・ステート・トレイルで楽しむサイクリング

バンクス・バーノニア・ステート・トレイル

オレゴン州初の試みとなるレイル・トゥ・トレイル・プロジェクトも最も人気があるアクティビティの 1 つです。バンクス・バーノニア・ステート・トレイル(Banks-Vernonia State Trail)には、ウォーキング、ジョギング、二輪車走行に最適な 34 キロメートルの舗装された道が延びており、その道沿いには乗馬ができるトレイルもあります。バンクスで自転車を借りて農地や森の間を走り抜けたり、メンデンホールクリーク(Mendenhall Creek)に架かる、列車を運ぶために使用されていた 220 メートルのバクストントレッスル橋(Buxton Trestle bridge)を渡ったりしましょう。トレイルの終点のバーノニアの街には昔ながらの雰囲気が漂うレストラン、ショップ、バーノニアパイオニア博物館(Vernonia Pioneer Museum)があり、丸一日たっぷり遊べます。

詳細

サケワンの屋外パティオで日本酒を楽しんでいます

サケワン

ビールばかりが注目されがちのアメリカには、日本酒の醸造所は多くありません。それでも一風変わったものを試してみたい方は、ポートランドから車で約 40 分のフォレストグローブに赴き、サケワン(SakéOne)で作られたアメリカ産の日本酒を味わってみてください。この会社では日本の醸造所の醸造工程を導入し、伝統的な醸造方法を維持しつつ、独特の風味とウィラメットバレーの名高い純水を取り入れています。施設の見学や、ここで造られた日本酒や輸入物の日本酒の試飲もできます。帰るころには、お土産用の日本酒を 1 本手にしているはずです。

詳細

オレゴン州ポートランドで、おいしい食べ物を求めてアルダー・ストリート・フード・カート・ポッドに並ぶ人々

アルダーストリートのフード・カート・ポッド

フードカートはアメリカ中どこでも見かけますが、ポートランドではこの移動式の飲食店が特に盛んです。500 以上あるフードカートの多くは「ポッド」にグループ分けされており、中でも最大のポッドがアルダーストリートとワシントンストリートの周辺にあります。2 ブロックの範囲に 60 以上のベンダーが集まり、メキシコ料理、タイ料理、地中海料理、さらには焼きたてのチーズサンドイッチなど、さまざまな味を提供しています。食事を買ったら通りを渡ってオブライアントスクエア(O’Bryant Square)に行けば、真のローカル気分を味わえます。

詳細

ポートランドのブルーサイクル・ブルワリー・ツアーを率いる熱心なガイド

ブルーサイクル

自転車とビールというポートランドで人気の 2 つのものが組み合さっているなんて最高です。自転車をベースにした 15 人乗りのこのファンキーな乗り物に乗って、3 つの異なるブルーパブを訪れます。どのパブに行くかは選択するルートによって異なります。集合場所は、美味しい食べ物や地ビールを提供するブルーサイクル(BrewCycle)のパール地区にある、バック・ペダル・ブルーイング(Back Pedal Brewing)です。同社はまた、BrewBarge(ブルーバージ)クルーズも運航しています。このツアーでは、ペダルをこぎながらウィラメット川沿いの 1 時間半のクルーズを楽しむことができます。

詳細

オレゴン州ポートランドにあるメイド・ヒア PDX の店内

メイド・ヒア PDX

メイド・ヒア PDX(Made Here PDX)の店舗では、アクセサリー、アート作品、ファッションアイテム、アウトドア用品、飲み物、自家製の食品をはじめとするポートランド産アイテムが手に入ります。パール地区、イーストサイド、ダウンタウンに 3 軒の店舗があるため、気軽に足を運べます。喜ばれる贈り物やお土産を探すのにうってつけの場所です。さらに、オレゴン州の免税ショッピングの恩恵も受けられます。

詳細

探索する: ポートランド都市圏

Test Image
詳細を表示
|

ポートランド

一風変わった個性で存在感をアピールする西海岸北部の街、ポートランド。「Keep Portland Weird」(奇妙なポートランドを守り続けよう) というモットーを掲げた街中の看板から、呪いの人形をモチーフにしたユニークなドーナツまで、独創的なセンスが光るこの街には、たくさんの驚きが詰まっています。

詳細を表示
オレゴン州ポートランドの外れの静かな森の中
詳細を表示
旅のアイデア ポートランド都市圏

ポートランド都市圏のオフィシャル・トラベル・サイト