Skip to main content
オレゴン東部へようこそ
オレゴン東部へようこそ
詳細を表示

保護された大自然

自然愛好家にとってオレゴン州東部が魅力的である理由は、自然が開発されずに美しく保たれていることにあります。ジョン・デイ化石層国定公園(John Day Fossil Beds National Monument)では 4000 万年以上の地質の歴史を見ることができます。この国定公園は 3 つの化石保護地域で構成され、そのうちのひとつはオレゴン州の七不思議に数えられるペインテッドヒルズ(Painted Hills)です。イーグル・キャップ・ウィルダネス(Eagle Cap Wilderness)にあるやはりオレゴン州七不思議のひとつ、ワローワ山地(Wallowa Mountains)には、この地域の象徴的な景観である、山頂と氷河湖を背景とする広々とした空間が広がっています。ヘルズ・キャニオン・シーニック・バイウェイ(Hells Canyon Scenic Byway)を走ると、この独特の帯状の地形を見ることができます。時間をとってスネーク川(Snake River)にジェット・ボート・ツアーに参加すると、洞窟そのものの中を見学できます。グランドキャニオンよりも深く、まさに奇跡の光景です。

そのほか、電気が引かれていない 3,200 ヘクタールもの荒野が広がるコットンウッドキャニオン州立公園(Cottonwood Canyon State Park)も必見です。そびえたつスティーンズ山(Steens Mountain)と自然の温泉がアルボード砂漠(Alvord Desert)の乾燥してひび割れた地面を囲んでいます。何もさえぎるもののない大空の下、初期の開拓者の町と手つかずの自然のままの大地を通る 4 本の自転車道路を走ってみましょう。ほとんどすべての公園と山が、ハイキング、マウンテンバイク、乗馬、釣り、ボート、スキーに開放されています。

 

アメリカ先住民と開拓者の歴史

オレゴン州東部には1 万年以上にわたってユーマティラ族、カイユース族、ワラワラ族が住んでいました。19 世紀中頃、開拓者が 3,490 キロメートルのオレゴントレイルをたどって、ミズーリ州からオレゴン州に移動してきました。ここで移住者と先住民の文化がぶつかり合い、混じり合い、文化の交流が行われました。現在は史跡と博物館がこの多面的な歴史を物語っています。ペンドルトンにあるタマストスリクト文化研究所(Tamástslikt Cultural Institute)で、先住民の言語に耳を傾け、部族の工芸品に目を止め、物語展開方式の博物館を見学しましょう。ベイカーシティにある国立ヒストリック・オレゴン・トレイル案内センター(National Historic Oregon Trail Interpretive Center)で、幌馬車のレプリカとオレゴントレイル(Oregon Trail)の旅人が残した当時のままの馬車のわだちを探してみましょう。現地のアメリカ先住民の部族と現代の武骨なカウボーイは、年に一度のペンドルトンラウンドアップ(Pendleton Round-Up)で一堂に会します。これは、特別イベント、コンサート、有名なロデオでクライマックスを迎えるアメリカ先住民の村の 1 週間にわたる催しです。

オレゴン東部へようこそ
オレゴン東部へようこそ
詳細を表示

おもしろ情報

オレゴン東部にあるヘルズキャニオン
詳細を表示

幅 16 キロメートル、深さ 2,436 メートルのヘルズキャニオン(Hells Canyon)は、北アメリカで最も深い渓谷です。

写真提供:Timothy Bishop

オレゴン州のジョン・デイ化石層国定公園の古代の地質の眺め
詳細を表示

ジョン・デイ化石層国定公園は、3 つの独立した区画に、数多くの保存状態のよい驚くべき化石層で構成され、小型の 4 本指の馬や初期のサイなどの種が含まれています。

写真提供:Sumio Koizumi

オレゴン州にあるアンソニー・レイク・マウンテン・リゾートからの湖と山の眺め
詳細を表示

オレゴン州で最も標高が高いスキー場は、標高 2,164 メートルのアンソニー・レイク・マウンテン・リゾート(Anthony Lakes Mountain Resort)です。

写真提供:Timothy Bishop

必見スポット

オレゴン州東部にあるワローワ山地での乗馬

ワローワ山地

オレゴン州七不思議のひとつ、ワローワ山地には氷河湖、原生林、北アメリカで最も深い渓谷があり、何でもそろっています。山地のふもとにある小さな町ジョゼフは、釣り、ハイキング、キャンプ、サイクリング、ワローナ湖(Wallowa Lake)でのウォータースポーツ、冬のスキー、標高 2,438 メートルのハワード山頂への目もくらむようなスカイトラムに出かけるための人気の拠点です。

詳細

ヘルズキャニオンをえぐるスネーク川の上空からの眺め

ヘルズキャニオン

北アメリカで最も深い渓谷は、何百万年も前にスネーク川によって形成されました。そこへ通じる道路はなく、2,436 メートルという深さのため、まったく人手の加わっていない荒野が広がっています。ヘルズキャニオン国立保養地(Hells Canyon National Recreation Area)では、ハイキング、サイクリング、釣り、ホワイトウォーターラフティング、乗馬、キャンプ、その他のアウトドアアドベンチャーが楽しめます。

詳細

オレゴン州にあるアンソニー・レイク・マウンテン・リゾートでスノーボードを楽しむ人

アンソニー・レイク・マウンテン・リゾート

オレゴン州で最も標高が高いアンソニー・レイク・マウンテン・リゾートでは、この地域で最高のウィンタースキー、スノーボード、スノーモービルが楽しめます。雪が解けたら、人手の加わっていない自然の荒野へサイクリング、ハイキング、釣り、キャンプに出かけましょう。このようなすべての楽しいアクティビティへ出かける拠点には、デラックスなユルト、由緒あるガイザー・グランド・ホテル(Geiser Grand Hotel)の豪華な客室など、ベイカーシティ近郊の宿泊施設がおすすめです。

詳細

オレゴン州東部のワインカントリー、ロックス地区のブドウ栽培地域の眺め

ロックス地区の「アメリカのブドウ栽培地域」

オレゴン州の新しい「アメリカのブドウ栽培地域(AVA)」のひとつがロックス地区(Rocks District)です。ここでは 10 を超えるワイナリーで個性的なフレーバーのぶどうの品種、特にシラーのワインが生産されています。ロックス地区はウィスキー&ロックス・ファーム・ループ(Whisky & Rocks Farm Loop)の一部であり、この地区のワイン生産者、農場主、ビール生産者、ウィスキー生産者、高級食材生産者を自由に車で巡ることができます。

詳細

オレゴン州ペンドルトンの鞍を造る職人

ペンドルトンの手工芸の職人

毎年 5 万人もの人が、ペンドルトンラウンドアップ(Pendleton Round-Up)という名前で知られているロデオ大会を見物するために集まってきます。ロデオが開催されていない期間は、個性的な職人たちがきわめて貴重な作品を創っています。ペンドルトン・ウールン・ミルズ(Pendleton Woolen Mills)では美しい羊毛製品、ステイプルマンズ・ブーツ&レザー(Staplemans Boots & Leather)ではハンドメイドのカウボーイブーツ、ハムリー & Co.(Hamley & Co.)では世界的に有名な鞍、クローズ・シャドー・インスティテュート・オブ・ザ・アート(Crow’s Shadow Institute of the Arts)ではアメリカ先住民のアート作品が創られています。

詳細

自然史と文化遺産が出会うジョン・デイ化石層国定公園

ジョン・デイ化石層国定公園

3 つの区画に分けられた 7,700 ヘクタールのジョン・デイ化石層国定公園は、植物の化石と哺乳類の化石を世界で最も多く所蔵する博物館のひとつです。クラーノユニット(Clarno Unit)では、5400 万年ほど昔に 4 本指の馬や古代のサイが鬱蒼たるジャングルを歩き回っていた時代を展示しています。シープ・ロック・ユニット(Sheep Rock Unit)では、実稼働の研究所である、トーマス・コンドン古生物学センター(Thomas Condon Paleontology Center)で化石が展示されています。自然の緑の粘土岩と露出した化石に驚かされます。この世のものとは思えない赤とオレンジ色のペインテッド・ヒルズ・ユニット(Painted Hills Unit)は、オレゴン州七不思議のひとつに数えられています。カメラのメモリをクリアして撮影の準備をしましょう。

詳細

アメリカの自然景勝河川に指定されているオレゴン州を流れるジョン・デイ川

自然景勝河川に指定されているジョン・デイ川とコットンウッドキャニオン州立公園

オレゴン州の州立公園で 2 番目に大きいコットンウッドキャニオン州立公園(Cottonwood Canyon State Park)は、乗馬、ハイキング、キャンプには最高の場所であり、ダムがまったくないジョン・デイ川(John Day River)に通じています。アメリカで 3 番目に長い自然のままに流れている川であるジョン・デイ川は、ボートを漕ぐにはすばらしい場所です。バス釣りにも最高です。

詳細

スティーンズの周囲の風景

スティーンズ山

スティーンズ山には想像する最も自然で手つかずの土地が現実に存在しています。広々とした空間では、あらゆる種類のアウトドアアクティビティができます。山岳地帯の植物と動物の撮影に夢中になってしまうでしょう。晩夏から初秋にかけて、オレゴン州で最も標高が高いスティーンズ・ループ・ツアー・ルート(Steens Loop Tour Route)を走れば、ワイルドホース湖(Wildhorse Lake)、キガー渓谷(Kiger Gorge)、アルボード砂漠の風景が眺められます。沿道のハイキングや頂上からの見渡すかぎりの風景もおすすめです。

詳細

アルボード砂漠

スティーンズ山の裾野に広がるアルボード砂漠は、まるで別世界のような光景を見せています。湖底が乾いていれば、太陽に焼かれてひび割れたプラヤを歩くことができます。遠方にそびえるスティーンズ山の写真を取りましょう。ほとんど光害がないので、無数の星がきらめく夜空を眺めるには最高の場所です。アルボード温泉(Alvord Hot Springs)でキャンプをしてミネラルウォーターのプールにつかり、日の出を眺めましょう。

詳細

ベイカーシティにある国立ヒストリック・オレゴン・トレイル案内センターに展示されている幌馬車

国立ヒストリック・オレゴン・トレイル案内センター

ベイカーシティにある国立ヒストリック・オレゴン・トレイル案内センターには必ず立ち寄ってください。オレゴントレイル(Oregon Trail)は、19 世紀中ごろに西海岸の「約束の地」をめざす何千人もの開拓者が通った道です。幌馬車のレプリカや実物大のジオラマなどの展示品により、この集団移住を総合的に理解することができます。地面に残る幌馬車の実際のわだちが、今でも見られます。

詳細

オレゴン州ベイカー郡のワローワ山地の眺め
詳細を表示
旅のアイデア オレゴン東部
Timothy Bishop

オレゴン東部のオフィシャル・トラベル・サイト